あなたは値段が高いけど確実に毛が生える治療を選びますか?
(15,000円〜30,000円前後)

それとも値段は安いけど毛が生えない治療を選びますか?
(9,000円〜15,000円前後)

それは、あなた次第です。

当サイトをご覧になって検討してみて下さい。

なぜ一般病院の皮膚科でAGAの検査をしてはいけないのか?

「あれ?最近髪の毛のボリュームが減ってきたような…」
「そう言えば、うちの親父もハゲてる…」

 

そう思った時、もしかしてAGA(男性型脱毛症)ではないだろうか…と心配してしまうものですね。
あなたも、そうではありませんか?

 

そこで、一度AGAの検査をしてみようと、AGA検査を行っている近所の皮膚科を探すのではないでしょうか?

 

が、しかし、、、

 

そのまま、一般病院の皮膚科に行ってはいけません。

 

なぜなら、一般病院のAGA検査はとても簡単なもので、詳しい検査は行いません。
そして、万が一あなたがAGAだったと診断されても、毛の生えない薬を処方されて終わりです。。。

 

どういうことかと言いますと、一般病院の皮膚科ではAGAの発毛治療は行っていないのです。

 

皮膚科で行っているAGAの治療は、フィナステリド(プロペシア)という薬を処方されるだけです。
で、このフィナステリドというのは、AGAの進行を止める薬なのです。

 

ですので、皮膚科で行っているAGA治療は、AGAの進行を止める治療なのです。
つまり、あなたの髪の毛のボリュームは今のままというわけです。

 

では、ここで1つの写真をご覧頂きたいと思います。
こちらの写真は、一般病院の皮膚科でAGA治療を9ヶ月行った結果となっております。

皮膚科でAGA治療を行った結果

 

このように、一般病院の皮膚科のAGA治療は進行を止めるだけの治療となります。
ご理解していただけましたでしょうか?

 

やはり、髪のボリュームが減っているのなら、発毛をして以前のような髪のボリュームになりたいですよね?
だったら、一般病院の皮膚科に行っても、意味がないのですよ。

 

そこで、次にこちらの写真をご覧ください。

こちらの写真は、AGA治療を6ヶ月間行った写真です。

 

いかがでしょうか?
しっかりと発毛していますよね?

 

当然、一般病院の皮膚科ではこのような結果にはなりません。
これは、AGA専門クリニックでのAGA治療の結果なのです。

 

そうです、AGAの発毛治療を行っているのは、AGA専門クリニックなのです。
ご理解して頂けましたでしょうか?

 

つまり、AGAの進行を止めるだけなら、一般病院の皮膚科。
AGAの進行を止めて、発毛をするのならAGA専門クリニックというわけになります。

 

あなたは、どちらの治療を希望しますか?

 

もし、あなたが発毛治療を希望しているのなら、一般病院の皮膚科ではなく、
AGA専門クリニックで治療をしないといけないのです。

月間15,700人が訪れるAGA専門クリニックとは?

先程もお伝えしました通り、一般病院の皮膚科では発毛治療は行っておりません。
ですので、発毛治療を受けるのであれば、AGA専門クリニックで治療を行わないといけないのです。

 

そこで、月間15,700人が訪れるほど人気のAGA専門クリニックをご紹介したいと思います。

 

それは、ヘアメディカルです。

ヘアメディカル

ヘアメディカルの公式サイトはこちらをクリック!

 

ヘアメディカルは、日本初のAGA専門クリニックになります。

 

全国で5つのAGA専門クリニックを展開しております。

メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)

クリニックの動画はこちらをクリック!

AACクリニック銀座
AACクリニック名古屋
脇坂クリニック大阪
城西クリニック福岡

 

ヘアメディカルは、1999年に日本初の頭髪治療専門のクリニックとして開院し、AGA・薄毛治療の実績は15年
現在も月間15,700人が訪れるほどの人気のクリニックなのです。

 

では、なぜヘアメディカルが、そんなに人気なのか?
それは、ヘアメディカルでしか受けられない最新のAGA発毛治療を受けられるからです。

 

ヘアメディカルで最新のAGA治療を受けると3〜6ヶ月後には発毛の兆候が見られます。

ヘアメディカルで最新のAGA治療

他の発毛事例を見るならこちらをクリックして下さい!

 

新発見!世界初の発毛塗り薬とは?

では、ここでヘアメディカルが多くの方から支持されている2つの理由をお伝えしたいと思います。

 

ヘアメディカルが人気の2つの理由とは?
一人ひとりに合わせたあなただけの治療プランを作成してくれる

AGAと言っても、原因は様々です。
AGAと薄毛の4大原因と言われているのが、

男性ホルモン
遺伝
ストレス
食事・生活習慣

 

ですので、原因が違えば当然治療方法も違ってくるのです。
ただ単に、薬さえ飲めばいいというわけではありません。

 

よく、他のクリニックでは「薄毛治療の薬」としてパッケージ化された薬のセットを販売したり、
数ヶ月コースの発毛を行ったりしていますが、誰もが同じ薬や治療方法で、
すべての患者さんが発毛することはありません。

 

人によって、原因も違えば頭皮の状態も違ってきます。
AさんにはAさんの薬の処方と治療過程があり、BさんにはBさんのための薬の処方と治療過程があるのです。

 

ですので、一人ひとりに合った治療プランというのが必ず必要になってくるのです。
そうでないと、効率的に発毛することはできません。

 

このように、ヘアメディカルでは様々な検査を行い、あなただけの治療プランを作成してくれるため、
より効率的に発毛をすることができるのです。

 

世界の最新治療を受けることができる

AGA治療というものは、日々進化しております。

 

ヘアメディカルでは常に最新の治療情報をいち早くキャッチし、最新治療を行うことができるのです。
なぜなら、ヘアメディカルはF.M.L(近未来医療研究会)の関連施設だからです。

 

F.M.L(近未来医療研究会)というのは、頭髪医療分野を中心とした
「最新治療情報の収集と提供」を目的に、各分野の専門家により結成された研究機関です。

 

特に、世界で初めて「ミノキシジル」という発毛薬の『ゲルタイプ』を開発したことでも有名な機関です。

ミノキシジルゲルについて

ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、体内の血管を拡張し、血流を促進する働きがあります。
もともとは血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でしたが、
投薬された患者の多くに多毛症が見られたことから、発毛効果を有していることがわかりました。

 

このようにミノキシジルは男性型脱毛症に有効な治療薬として認められました。
しかし、ミノキシジルは液体であるが故に生え際にとどめさせることが難しく、
生え際では有効的な活用ができていない状態でした。そこで、F.M.L.関連医療施設は、
聖マリアンナ医科大学の井上肇准教授と世界初の『ミノキシジルゲル』を共同開発したのです。

 

つまり、世界で初めての発毛塗り薬というわけです。

 

ちなみにミノキシジル医薬品として、日本では「リアップ」が有名ですが、
リアップに含まれているミノキシジルの濃度は1%です。
しかし、ミノキシジルゲルに含まれているミノキシジルの濃度は7%ですので、どれだけ効果があるのか
ご理解していただけるかと思います。

ミノキシジル

ミノキシジルゲルはF.M.L関連医療施設5ヶ所(メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック)、AACクリニック銀座、AACクリニック名古屋、脇坂クリニック大阪、城西クリニック福岡)で患者様向けに処方を本格的に開始しています。
世界初『ミノキシジルのゲルタイプ』のニュース記事はコチラ

 

このように、ヘアメディカルでは、ヘアメディカルだけでしか受けられない、最新の技術を駆使して、
AGAの原因を究明し的確な診断をおこない、最新の治療の受けられるのです。

 

そうすることで、あなただけの治療プランを作成することができ、
より的確にAGA治療を行うことができるのです。

 

以上、ヘアメディカルが人気の2つの理由をお伝えしました。

 

いかがでしょうか?

 

もし、あなたが発毛治療を期待しているのなら、ヘアメディカルで治療を行えば、
より効率的に最短で発毛を実感するかもしれませんよ。

 

ですので、まずはヘアメディカルの無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか?

 

ヘアメディカルの無料カウンセリングはコチラをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘアメディカルの無料カウンセリング

ヘアメディカルのAGA治療を動画でチェック!

では、ここでヘアメディカルのAGA治療が、テレビ番組で取り上げられていましたので、
ご覧頂きたいと思います。

 

これは、2012年に放送された「予約殺到!スゴ腕の専門外来-SP」で、
ヘアメディカルグループのメンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)の小林一広医師が出演し、
実際に検査を行っている様子も確認できます。

 

こちらのメンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)は、ヘアメディカルグループが
1999年に日本で初めて開院したAGA専門クリニックです。
メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)だけでも月間5,500人が訪れるほど
人気のAGA専門クリニックなのです。

 

是非、参考にして下さいね。

 

ヘアメディカルでは、全国5つのクリニックで無料のカウンセリングを行っております。
少しでも頭髪が気になるようでしたら、一度無料のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?
あなたの疑問や質問に担当のスタッフが全て回答してくれますよ。

 

ヘアメディカルの無料カウンセリングはコチラをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘアメディカルの無料カウンセリング

AGA専門クリニックと一般病院の皮膚科の違いとは?処方薬は?値段は?

では、ここで改めてヘアメディカルと一般病院の皮膚科の治療について比較したいと思います。

ヘアメディカルと一般病院の皮膚科の治療について比較

以上が、ヘアメディカルの発毛治療と一般病院の皮膚科の頭髪治療の比較になります。

 

いかがでしょうか?
もし、あなたが現状維持だけを望んでいるのなら、一般病院の皮膚科で
発毛治療より値段の安いフィナステリド(プロペシア)だけの現状維持治療を行ったほうがいいかと思います。

 

しかし、現状維持ではなく、以前のようなボリュームのある髪に戻したいのなら、
ヘアメディカルの発毛治療を行った方がいいのではないでしょうか。

 

また、以前のように様々なヘアースタイルを楽しむことができますからね。

 

ヘアメディカルの無料カウンセリングはコチラをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘアメディカルの無料カウンセリング

 

発毛症例写真を見て3ヶ月〜6ヶ月後のあなたを想像してみてください

さてヘアメディカルのAGA治療ですが、今までの症例から多くの場合は3〜6ヶ月で発毛(改善)の兆候が見られます。

 

もちろん、脱毛の原因や個人差もありますが、平均して3〜6ヶ月で発毛が見られるようですね。

 

では、ここでいくつか発毛症例をご紹介したいと思います。
こちらの症例写真をご覧になって、あなたの3ヶ月〜6ヶ月後の頭髪を想像してみてください。

 

20代の発毛症例

27歳 男性
治療クリニック:AACクリニック名古屋

AACクリニック名古屋

29歳 男性
治療クリニック:AACクリニック名古屋

AACクリニック名古屋

26歳 男性
治療クリニック:脇坂クリニック大阪

脇坂クリニック大阪

26歳 男性
治療クリニック:メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

30代の発毛症例

32歳 男性
治療クリニック:AACクリニック名古屋

AACクリニック名古屋

36歳 男性
治療クリニック:脇坂クリニック大阪

脇坂クリニック大阪

35歳 男性
治療クリニック:城西クリニック福岡

城西クリニック福岡

36歳 男性
治療クリニック:脇坂クリニック大阪

脇坂クリニック大阪

40代の発毛症例

43歳 男性
治療クリニック:メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

45歳 男性
治療クリニック:メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

44歳 男性
治療クリニック:メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

40歳 男性
治療クリニック:城西クリニック福岡

城西クリニック福岡

50代の発毛症例

54歳 男性
治療クリニック:メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

50歳 男性
治療クリニック:メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)

50歳 男性
治療クリニック:城西クリニック福岡

城西クリニック福岡

 

いかがでしたでしょうか?

 

先程もお伝えしましたが、ヘアメディカルの発毛治療は、平均3ヶ月〜6ヶ月で発毛の兆候が見られます。
もちろん、脱毛の原因や個人差によっては、早く発毛したり遅くなったりはしますけども、
確実に発毛の効果を得ることができるのです。

 

もし、あなたが発毛治療を考えているのなら、一度ヘアメディカルの
無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?
そこで、治療の方法や費用、発毛に関する疑問や質問をしてみてはいかがでしょうか?

 

AGAの発毛治療は、早期治療を行うと、短期間で改善することができます。
今こうしている間にも、AGAはどんどん進行しているのですよ。
ですので、進行が進まないうちに発毛治療を行うことをおすすめします。

 

ヘアメディカルの無料カウンセリングはコチラをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘアメディカルの無料カウンセリング

 

 

【追記】AGAリスク遺伝子検査がスタートしました!

ヘアメディカルでは、AGAリスク遺伝子検査を開始しました。

 

AGAリスク遺伝検査について

ヘアメディカルでは、患者様一人ひとりに合った治療プランを作成しています。
そうすることで、効果的に治療を行うことができるのです。

 

もちろん、処方する治療薬も患者様に合うようにしないといけません。
そこで、必要になってくるのが、こちらのAGAリスク遺伝子検査です。

 

これまでのAGA治療では、AGA治療薬としてフィナステリド(プロペシア)を処方されていましたが、2016年6月より、新たなAGA治療薬「ザガーロ」が発売されました。
AGA治療薬の1つとして、大変期待されている新薬なのです。

 

で、このフィナステリドとザガーロ。
一体どちらが効果があるのか?

 

それを、検査するのがヘアメディカルのAGAリスク遺伝子検査なのです。

 

あなたに最も効果的なのは、フィナステリドとザガーロか?
それを検査し、把握することで、より効果的にAGA治療を行うことができるのです。

 

更に、この検査では、将来のAGAの発症リスクも予測することもできるのです。

 

もし、少しでも興味があるのでしたら、無料カウンセリングで、気軽にご相談下さい。

 

ヘアメディカルの無料カウンセリングはコチラをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘアメディカルの無料カウンセリング

 

 

 

【AGA豆知識】

「AGAの検査キットってどんなの?」

AGAの原因の1つが遺伝であることが2005年に明らかになってから、自分がAGA体質であるかどうかを調べるための遺伝子検査が注目を集めています。
母親から受け継いだX染色体上に存在するアンドロゲンレセプター遺伝子(AR遺伝子)がAGA発症に大きく関与することが分かってきたためです。

 

AR遺伝子上の「CAG」と「GGC」の2つの塩基配列のリピート数がAGA発症と関係があるという実験結果が発表されたことが、こうした検査が普及するきっかけになりました。
検査は病院で行うことが出来ますが、費用は通常2万円以上かかります。
近年病院に行かずに検査が出来るキットが販売されており「AGAドック」などが有名です。口内の粘膜を綿棒で採取して検査機関に郵送するだけで、2〜3週間後には結果が分かります。
「AGAドック」は費用が12600円で、病院に行くよりも安く済みます。
CAGとGGCのリピート数を合計した値によって、AGA発症リスクを予想することが出来るとされています。

 

ところがその後の研究によって、CAGリピート数とGGCリピート数がAGAリスクと相関関係にないということが指摘されています。
これによって検査を取りやめる病院も出てきているのです。
ただしAGA治療に使われる一つの治療薬の効きやすさに関しては、この検査で判明することが分かってきています。
そのため、検査を受けることが全く意味のない事ではないと言えるでしょう。
そもそもこの分野については、最近明らかになってきたばかりであり、今後の研究によって更なる発見がなされることが期待されます。

 

そもそも2005年にAGAメカニズムと遺伝の関係について画期的な発表をしたドイツの研究チームも、遺伝がAGAの原因の全てではない事を明言しています。
現在はAGAの70%〜80%ほどが遺伝によるものと考えられており、その他の要因も大きく影響していると考えられているのです。
こうしたことからAGA体質が遺伝しているからと言って、諦めてしまう必要はありません。
毛髪を作り出す組織が死滅していない限り発毛のチャンスはあるのです。

 

AGAを改善しようと思ったら、AGA専門病院に相談することが第一ですが、生活習慣や食生活を見直すことも重要だということを覚えておきましょう。
頭皮を清潔に保ち血行を良くするとともに、毛髪の育成にとって良い栄養素を積極的に摂るように心がけたいものです。

 

「AGA遺伝子検査を詳しく解説」

男性型脱毛症であるAGAには、遺伝子検査が存在します。
これは、その人の持つ遺伝子を検査することで、AGAになる可能性の大小、また治療薬の効き目の大小について、ある程度のことが分かるというものです。

 

初めに断っておきますが、AGAというのは遺伝の要素が大きいとは言われているものの、遺伝が全てではありません。
環境要因、どのような生活を送っているか、食事や運動の内容とか、ストレスはどれくらいかといったことにも大いに影響されます。
さらに、遺伝が影響する部分についても、全てが分かっているわけではありません。
この遺伝子を持っていればAGAを起こす確率が2倍になるなどといったように、脱毛症を引き起こす薄毛遺伝子というのが確実に特定されているわけでもないのです。

 

ですから、AGA遺伝子検査を受けたからといって、その結果が100%ではありません。
あくまでも、これまでに得られた多くの人の事例から言えば、このタイプの人はAGAになる可能性が高いとか、低いといった程度のことしか分かりません。
また、これはあくまで検査であって、治療法ではありません。
治療法としてはあくまで既存の薬剤などに頼るしか方法がなく、別に遺伝子治療を行って根本的なAGA患者治療を行おうとするものでは決してないのです。

 

初めに断りを入れた上で、AGA遺伝子検査を説明しましょう。
これは血液検査をすることで行います。
どんなAGAクリニックでも行っているというものではなく、AGA治療専門クリニックでないと行っていないことが多いでしょう。
そして、何を調べるのかというと、毛根に存在するアンドロゲン受容体の遺伝子を検査しています。
このアンドロゲン受容体にジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が結合することで脱毛が引き起こされるのですが、その結合のしやすさにアンドロゲン受容体の遺伝子が関与していると言われています。

 

遺伝子の並びとして、CAGリピート数というのを検査します。
このCAGという遺伝子の並びの数が多ければ多いほど、AGAになりにくいという論文が発表されているのです。

 

また別の論文では、同じくCAGリピート数によってAGA治療薬の効き目にも影響があり、並びの数が多いほど治療薬の効き目が良かったと報告されています。
いずれにしても、CAGリピート数が多いほど、男性型脱毛症は起こりにくく起こっても治療しやすわけですから朗報だということになるでしょう。

 

「毛母細胞を活性化させるために」

薄毛になってしまうAGAで悩む人は何をするべきかというと、髪の毛が生えやすい環境を作ることです。
そのためには、髪の毛を生み出す源である毛母細胞を活性化させなければいけません。
毛母細胞は、毛包という毛根を包む表皮の筒の下部にあり、毛細血管、毛細血管と運ばれてきた栄養を受取り、細胞の増殖・分裂をして髪の毛を作り出します。

 

でも薄毛になっている人の頭では何が起きているのかと原因を見た時、頭皮の環境が悪くなって血流が滞り、栄養や酸素が毛母細胞まで運ばれていない可能性があるのです。
どれだけ毛母細胞の働きが優れていたとしても、材料となるものが届かなければ髪の毛を作り出すことが出来ません。
でもそれは、毛母細胞が死滅しているわけではないので、きっかけさえあれば元通りになる可能性があります。

 

では、毛母細胞をどうやって活性化することが出来るのか、というと、まず出来ることは生活習慣の改善です。
脂っこいものを食べすぎていたり、睡眠をろくに取っていなかったり、運動不足ぎみだと頭皮の環境が悪化してしまいます。
それから飲酒や喫煙も注意しなければいけない生活習慣です。

 

栄養バランスの取れた食事をして、十分な睡眠を取り適度な運動をする、というように体のことを考えて健康的な生活をしていけば、頭皮環境は改善されて血流が良くなります。

 

育毛剤に血流が良くなる成分が含まれている商品がありますが、それは毛母細胞に栄養が届きやすくなるようにするためです。
生活習慣の改善だけでは効果が薄いと感じたならば、血流の改善ができる育毛剤を使用すると良いでしょう。

 

それから、AGA対策ということでは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの働きを抑えることも必要です。
薄毛になってしまう原因には、ジヒドロテストステロンが毛母細胞の細胞分裂を抑えてしまうことで、髪の毛の生え変わりが上手くいかなくなり、抜け毛が加速するけれども新しい髪の毛が生えてこないという状況になってしまうのです。

 

そこで自宅でジヒドロテストステロンを抑える効果のある育毛剤や育毛シャンプーを使用することで、毛母細胞の働きを正常な状態にして髪の毛が生えてくるようにする必要があります。

 

注意点としては、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する商品を続けている限りAGA対策が出来るわけですが、根本的な解決方法ではないので使用を中止すれば、再びAGAは進行してしまいます。
一度始めたら、継続して使用し続ける覚悟をしなければいけないのです。

 

ヘアメディカルの無料カウンセリングはコチラをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘアメディカルの無料カウンセリング