薄毛『AGA』ってなに?

最近、薄毛に関する言葉で『AGA』という言葉をよく耳にしますね。
『AGA』とは男性型脱毛症のことで、正式名称『Androgenetic Alopecia』の略称です。
男性型脱毛症と女性型脱毛症には違いがあり、『AGA』とはその男性型脱毛症を指します。

 

AGA・男性型脱毛症は男性特有の症状で、生え際や頭頂部の毛髪が薄くなります。
成人男性に見られる薄毛で、身体の栄養状態や年齢に関係なく抜け毛が進行し、薄毛が目立ってきます。
薄毛には様々な原因がありますが、『AGA』の場合では一般的な育毛剤などでの改善は難しく、毛根へのアプローチとして専門的な治療薬を用いる必要があります。

 

この『AGA』による抜け毛は、男性ホルモンと密接な関係があります。
しかし、男性ホルモンそのものが原因になっているわけではなく、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化することが薄毛を発症する原因となっているのです。
男性ホルモンの量が薄毛の原因になっているとまことしやかに言われていますが、実際には男性ホルモンの量が薄毛を進行させることはなく、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化することが原因なのです。
つまり、男性ホルモンが脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロンに変化しなければ薄毛になることはないのですが、なぜ変化してしまうのでしょうか。

 

これには5αリダクターゼという酵素が関わっています。
5αリダクターゼは酵素の一種で、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう作用があり、毛根付近の皮脂腺から分泌されます。
『AGA』の方にとっては恐ろしい、脱毛スイッチを入れてしまうのがこの物質なのです。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?