薄毛『AGA』の原因とは?

男性型脱毛症『AGA』と男性ホルモンは密接な関係があり、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することが原因となっています。
ジヒドロテストステロンは別名脱毛ホルモンとも呼ばれており、恐ろしいことに健康な毛髪であっても抜け落ちてしまいます。

 

テストステロンがジヒドロテストステロンに変化する原因には、5αリダクターゼという物質が関わっています。
5αリダクターゼは酵素の一種で、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう作用があります。
毛根付近の皮脂腺から分泌され、脱毛スイッチを入れてしまうのがこの物質なのです。

 

5αリダクターゼの影響で脱毛ホルモンに変化したジヒドロテストステロンが、毛髪の成長を阻止することで脱毛スイッチが入ります。
脱毛スイッチが入ることにより、毛母細胞に栄養を届ける必要がないと判断され、血流が低下し、毛髪への栄養が行き届かなくなります。。

 

結果、毛髪が寿命を終える前に抜け落ち、薄毛となるのです。
『AGA』の場合、かつてフサフサだった頭髪が急激に脱毛してしまう原因は、ここにあります。

 

この現象は年齢に関係ないため、若齢であっても生え際や頭頂部の薄毛が進行していく場合にも、『AGA』による脱毛スイッチが入っている可能性があります。
単純に、5αリダクターゼの分泌量が抑えられれば『AGA』の心配はないと考えられますが、5αリダクターゼの分泌量は遺伝的要素やホルモンバランスに左右され、オイリー肌タイプの方は影響を受けやすいと考えられます。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?