薄毛『AGA』専門治療薬の効果はいつごろから?

『AGA』による薄毛は、男性ホルモンのテストステロンが毛根付近から分泌される5αリダクターゼによって、別名脱毛ホルモンとも呼ばれているジヒドロテストステロンに変化することによって発症します。
専門治療薬のフィナステリドは5αリダクターゼの分泌を抑制し、脱毛の進行を食い止める働きがあります。
また、専門治療薬のミノキシジルは進行してしまった薄毛を改善し、毛根を再生させる働きがあります。

 

一念発起で病院を訪れて『AGA』であることが診断されて、専門治療薬が処方され治療が開始されると、気になるのは「いつごろから効果が現れるんだろう?」ということではないでしょうか。
脱毛の進行が食い止められたことを実感できるのは、早くてだいたい3ヶ月程度ですが、個人差があり人によっては1年ほどかかる場合もあります。
残念ながら即効性はなく、数ヶ月経過したのち進行していないことを実感できる薬なのです。
ですから、すぐに実感できないからと言って、やめてしまっては意味がありません。

 

ただし、『AGA』以外の薄毛には効果がありませんので、正確な診断は必要だと言えますね。
診断は、専門医であればきちんとした検査を行うことができますし、インターネットで購入することができる検査キットでも体質や遺伝子の検査を行うことができます。
検査キットの場合、現在の薄毛の原因を正確に知ることができるというわけではなく、知ることができるのは『AGA』の体質であるか否かということだけです。
『AGA』の体質を持っていても別の原因で薄毛になる方はいますし、確実に『AGA』が発症しているということを知るためには専門医の診断が必要だと言えるでしょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?