薄毛『AGA』治療はいつまで続ける?

『AGA』の薄毛の場合、専門治療薬を用いなければ改善の見込みはないと言えます。
市販の育毛剤やスカルプシャンプーなどでは、『AGA』の薄毛には効果を得ることはできません。

 

現在のところ保険適用外である『AGA』の治療は、治療費が高額となってしまいます。
ですから「ある程度、改善できたら治療を止めればいい」と考える方も多いようですが、確実な治療計画を立てなければ、せっかく治療して改善した薄毛が元の木阿弥なんてことにもなり兼ねません。
では、どのように計画を立てたら良いのでしょう。

 

治療の効果には個人差がありますので、どれくらいの期間で満足できるとは言えませんが、それぞれの目標を達成できたところで、その先のことをお話ししましょう。

 

その前に、専門治療薬について説明させてください。
専門治療薬は2種類です。

 

フィナステリドは、5αリダクターゼの分泌を抑えて薄毛の進行を食い止める働きがあります。
そしてミノキシジルは、既に進行し脱毛してしまった毛根の再生に効果があります。

 

そこで治療の期間についてですが。

 

つまり、ミノキシジルは既に脱毛してしまった毛根が再生したら、頃合いを見て少しずつ分量を減らしたり飲む回数を減らすなどして、最終的には飲まない時期を迎えることができます。
薬の減量については、医師の判断・指示に従ってください。

 

しかし、フィナステリドに関しては飲み続ける必要がありますね。
進行を食い止める役割を持つ薬ですので、服用をストップしてしまうと当然ですが薄毛の進行が始まってしまいます。
せっかく治療を続けてフサフサに生えた毛髪が再び抜け始めるようになるのでは、それまでの治療の意味がなくなってしまいます。

 

『AGA』の体質を改善することは現在のところできませんので、そういった背景からも治療は一生と考えたほうが良さそうですね。

 

まずは医師に相談して、カウンセリングの段階で疑問や不安はすべて話すようにしましょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?