薄毛『AGA』何科を受診する?

最近、病院で受けられる薄毛治療が広がっています。
『AGA』(男性型脱毛症)という言葉を見聞きする機会もあるのではないでしょうか。

 

実際に、男性の薄毛の原因は、そのほとんどが『AGA』だと言われています。
僅かではありますが、ほかの原因の場合もありますが、ここでは『AGA』についてお話ししましょう。

 

『AGA』は遺伝子検査をすれば、その要素があるかどうかを知ることができます。
検査キットをインターネットなどで購入することはできますが、現在の薄毛が『AGA』によるものなのかどうかを確実に知りたいのであれば、病院で検査することをおすすめします。

 

また、治療薬に関しても、インターネットなどで購入することが可能ですが、個人に合った用法用量での処方が必要となりますので、やはり医師に処方してもらうことをおすすめします。

 

では、『AGA』の治療は、何科を受診すれば良いのでしょう。
皮膚科や内科、あるいは外科でも診察してくれる病院はありますが、必ずしも診てもらえるわけではありません。
皮膚科であっても内科であっても、『AGA』の治療を行っていない病院もあるのです。
ですから、まずは問い合わせることをおすすめします。

 

また、病院へ行くと待合室や受付などに『AGA』治療のポスターが貼られている場合があるので、そういった病院では診てもらうことができますね。

 

しかし、『AGA』の治療方法は病院によって異なる場合があります。

 

主に使われる専門治療薬は2種類。
1つは、フィナステリドという薬で、薄毛の進行を食い止める効果があります。
もう1つは、ミノキシジルという薬で、既に脱毛してしまった毛根を再生させ、再び生やす効果があります。

 

最低、この2つの薬を使用している病院をおすすめします。

 

薄毛を食い止めても、既に抜けた部分が再生されないのであれば、薄毛を治すとは言えないですよね。
望んでいることは、薄毛を食い止めて、さらに生やすということではないでしょうか。
そのためには、この2つの薬を使用していることが最低限の条件となってきますね。

 

しかし、専門医でなければ、フィナステリドだけを処方して薄毛を食い止めるのみの治療となっている病院も多くあります。
カウンセリングの段階で、どのような治療になるのかを詳しく訊くと良いでしょう。

 

『AGA』の治療は保険適用外なので、高額の治療費がかかってしまいます。
また、治療の効果が出始めるには最低3ヶ月、平均で半年程度は期間が必要です。
せっかくお金と時間を費やして治療するわけですから、後悔のない、やって良かった!と思える治療にするためにも、治療を受ける前のリサーチを怠らないようにしましょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?