薄毛『AGA』の自己チェック

男性型脱毛症『AGA』は、男性ホルモンと密接な関係があります。
男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという毛根付近から分泌される酵素によって、ジヒドロテストステロンに変化することが原因です。
ジヒドロテストステロンは別名脱毛ホルモンと呼ばれており、脱毛のスイッチを入れて、健康な毛髪でも寿命を迎える前に脱毛させてしまうのです。
つまり、『AGA』の対策として、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させないということが発症させないことに繋がり、5αリダクターゼの分泌を抑えることが非常に有効です。

 

しかし薄毛の原因は『AGA』以外にもあり、不規則な生活や偏った食生活、過度のストレスなどが原因で薄毛になることもあります。
ですから、まずはご自身が『AGA』であるかどうかを知ることが第一歩となるのです。

 

AGAの症状からチェックする

・生え際や頭頂部など、部分的な薄毛が目立つ(M字ハゲ・頂点ハゲ)
・額が広くなってきている
・抜け毛が増えた、毛髪量が減った
・髪が伸びにくく、毛が細く、短く切れる
・毛根が明らかに消滅している
・年齢の割に毛髪量が少ない
・近い親族に薄毛の人がいる
・育毛促進の努力に全く効果が感じられない

 

上記の項目に当てはまるものが多い場合は、『AGA』を疑ったほうが良いでしょう。

 

また、AGA以外でも、過度なストレスや不規則な生活、偏った食生活などによって、同様の症状が出る場合がありますので見極めが重要ですね。
生活習慣の大きな変化もなく、上記の項目に当てはまる薄毛の症状が表れた場合には、『AGA』であると考えられますね。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?