薄毛『AGA』コンプレックスとの向き合い方

男性にとっても女性にとっても、薄毛はコンプレックスになりがちです。
もちろん、全く気にしない方もいらっしゃるでしょう。
しかし、人の目線が気になったり、劣等感を抱いている方も少なくありません。

 

元々「コンプレックス」という言葉は、心理学・精紳医学において「感情複合」という意味を持っていますが、日本人の使い方として「劣等感」という意味合いになっています。
そういう意味でのコンプレックスは、誰しもが持っているのではないでしょうか。
内面的なものから外面的なものまで、様々なコンプレックスがあります。
「運動が苦手」「人間関係が苦手」「動物が苦手」など内面的なものから、「一重瞼」「太っている」「毛深い」など外面的なものまでたくさんありますね。

 

コンプレックスは個人差が大きいため、他人には理解されないことも多くあります。
つまり、本人が気にしているほど他人は気づいていないということです。

 

薄毛に関しては徐々に進んでいくため、最初の段階ではどうやって隠すか、気づかれないようにするかなどを考えるかもしれませんね。
知らない人の笑顔を「笑われた」と感じたり、自分のことを言われているわけではないのに、自分の薄毛を暗にバカにされていると感じることもあるかもしれません。
それはご自身が気にしていることなので、ある意味そういう発想は止むを得ないのかもしれません。

 

しかし、そういった発想は人間関係を狭くしたり行動を制限するのであれば、もったいないことをしていると思いませんか。
例えば、本当に薄毛を笑ったりバカにする人がいたとしましょう。
その人こそが、とても心の不自由な人間ですよね。

 

まずは、コンプレックスは本人の思い込みであることを自覚しましょう。

 

どうしても薄毛が気になってコンプレックスを抱いてしまうようであれば、思い切って『AGA』検査を受けて治療を開始することをおすすめします。

 

あなたの人生が薄毛が原因で生きる道を狭くしてしまうのであれば、それは非常にもったいないことです。
治療をするという選択もあるということを忘れないでくださいね。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?