薄毛『AGA』女性にもある?

『AGA』は男性型脱毛症と言われるように男性に多く発症します。
男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼの分泌によって、脱毛ホルモンと呼ばれているジヒドロテストステロンに変化することで、『AGA』は発症します。

 

特徴は異なりますが、この『AGA』が女性にも起こるケースがあります。
女性の場合、男性の『AGA』との区別のために『FAGA』女性男性型脱毛症と呼びます。
“F”はFemaleの頭文字、女性を意味します。

 

上記に示した『AGA』の仕組みは、男性ホルモンを受け入れるレセプターを持っている人に起こります。
このレセプターは遺伝によって有無に分けられ、遺伝子検査をすると診断されます。

 

では、なぜ女性に『AGA』(FAGA)を発症するのでしょうか。
ご存知の方も多いでしょうが、女性の体内にも男性ホルモンは存在します。
男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼの分泌によってジヒドロテストステロンに変化し、毛髪に影響を及ぼすのは男性も女性も同じです。
しかし、男性の『AGA』と女性の『FAGA』は区別されています。
その違いは?
そうです、女性ホルモンです。
女性ホルモンのエストロゲンは髪を育てる働きがあります。
女性ホルモンの分泌が盛んな若い女性は、血中テストステロンの濃度が男性の約1/20しかないため、毛髪への影響が少ないのです。
さらにそのエストロゲンの働きによって、毛髪の生え変わりのサイクルが長いため、薄毛や抜け毛があっても進行が遅く気にならないということです。

 

つまり、女性の『FAGA』は加齢によって女性ホルモンが減少することで自覚症状が始まるのです。
女性ホルモンは早い人で35歳前後から分泌量が減少し、その後、男性ホルモンの影響で『FAGA』を発症するというわけです。

 

加齢以外でも女性ホルモンは減少する場合があります。
過度のストレスや間違えたダイエット、生活習慣の乱れなど、女性ホルモンの分泌が減少すると『FAGA』が発症し薄毛・抜け毛の原因となってしまうケースは少なくありません。

 

また、『AGA』と『FAGA』では脱毛のパターンが違います。
男性は、頭頂部や額の生え際などが局所的に薄くなりますが、女性の場合、毛髪が細く弱くなり全体的に薄くなります。
そして男性の場合は進行性で放っておくと毛髪が減り続けていきますが、女性は女性ホルモンが一定量は分泌され続けるため毛髪が減り続けるということはありません。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?