薄毛『AGA』予防できるのか?

『AGA』による薄毛のメカニズムは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼの分泌によって、脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロンに変化することで抜け毛・薄毛が起こります。
『AGA』は男性型脱毛症で、発症している方のほとんどが男性ですが、少数の女性もいます。
女性の『AGA』を『FAGA』を言います。
女性にも少量の男性ホルモンの分泌があり、若い年代では脱毛を防ぐ効果がある女性ホルモンのエストロゲンが脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンの働きを上回り、症状の自覚をすることなく過ごすことができるのです。
しかし加齢によって女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、今度は男性ホルモンが優位になりジヒドロテストステロンの影響を受けるようになり、脱毛し始めるケースが見られます。

 

つまり女性の場合は、ある程度の年齢になって女性ホルモンが低下した段階で、初めて自分が『FAGA』であることを知るということですね。
男性の場合は発症に個人差があり、若いうちから薄毛や抜け毛に悩む方も少なくありません。

 

毛髪が薄くなり始めると、ほとんどの方が育毛剤やスカルプシャンプーなどでケアすることを考えるようです。
しかし、『AGA』には育毛剤やスカルプシャンプーは効果がありません。
専門治療薬を用いた治療を行わなければ、薄毛を食い止めることはできませんし、改善もできません。

 

理想的なことを言えば、「薄毛になる前に予防をする」ということではないでしょうか。
「分かっていたら、もっと前からケアしたのに!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

『AGA』の専門治療薬には、脱毛を食い止めるフィナステリドと、既に脱毛してしまった毛根を再生する働きがあるミノキシジルがあります。
既に薄毛が進行し始めている方でも、この両方の効果でフサフサになることができるのです。

 

つまり、『AGA』の体質を持っている方は、症状が出る前にフィナステリドを服用し始めると、脱毛を食い止めて薄毛になることはありません。
『AGA』の体質や、フィナステリドが有効であるかを判断するためには、遺伝子検査が必要です。
親族に薄毛の方がいる場合など成人を過ぎたら検査をして『AGA』の遺伝子を持っていることを知ることができ、早め早めに対応することができますね。

 

ただし、『AGA』の治療は保険適用外であるため、高額な費用がかかってしまいます。
早めに予防治療を始めると、それだけ費用もかかりますので、よく検討する必要がありますね。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?