薄毛『AGA』は遺伝する?

結論から言うと、『AGA』の約80%が遺伝によるものだと言われています。
『AGA』は、20〜30代と若い年代に発症するケースが少なくありませんが、若いうちの発症に関しては特に遺伝的要素が強いと言えますね。

 

これは『AGA』の原因をお話しすれば、納得いただけるのではないでしょうか。

 

『AGA』(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼの分泌によって影響を受け、別名脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンに変化することで起こります。
つまり、この体質が遺伝するため、『AGA』による薄毛は遺伝すると言えるのです。

 

『AGA』は男性型脱毛症ではありますが、少量でも男性ホルモンが分泌されるため女性にも発症します。
女性の『AGA』を『FAGA』と言います。

 

父親が『AGA』の場合50%、母親が『FAGA』の場合75%の割合で遺伝すると言われています。

 

また、母方の祖父が『AGA』による薄毛の場合、遺伝する確率は高くなります。
若い年代での薄毛の男性を検査してみると、X染色体にある男性ホルモン受容体遺伝子に変異があることが分かっています。
男性は、XとYの2つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぎます。
『AGA』の原因となる男性ホルモン受容体遺伝子はX染色体上に存在するので、母方の祖父や祖母が薄毛の場合は『AGA』の可能性が高いと言えますね。
ただし、父方の親族の薄毛が関係ないということではありません。
父方の親族に薄毛の方がいる場合でも、遺伝は大いに考えられます。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?