薄毛『AGA』の対策

『AGA』男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することが原因となっています。
年齢や生活習慣、男性ホルモンの分泌量、身体の栄養状態などに影響を受けないのが、『AGA』です。
テストステロンがジヒドロテストステロンに変化する原因には、5αリダクターゼが深く関わっており、脱毛スイッチのカギを握っています。
5αリダクターゼの分泌は遺伝的要素やホルモンバランスに影響を受け、個人差があります。

 

つまり、AGAの対策として、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる5αリダクターゼを制御することが有効です。
男性ホルモン量には触らず、5αリダクターゼだけを制御すれば脱毛ホルモンと呼ばれているジヒドロテストステロンの生成は制御できるというわけです。
ただし、5αリダクターゼの分泌は、体質や遺伝的要素によって違いますので、効果の出方は様々です。

 

本格的に『AGA』対策に取り組むのであれば、まず自己チェックをし、『AGA』の仕組みを知り、対策の流れを知る必要がありますね。

 

薄毛には『AGA』以外にも、過剰なストレス、不規則な生活、偏った食生活などにより、同様の症状が見られる場合があります。
見極めが必要ですが、それまでの生活習慣と大きな変化がないにも関わらず、薄毛の症状が見られる場合は『AGA』である可能性があります。
若齢であるにも関わらず、生え際や頭頂部の薄毛が進行している場合にも、『AGA』のスイッチが入っている可能性があります。
また、老人性脱毛症とも別のものとなりますので、気を付ける必要がありますね。

 

自己判断が難しい場合は、専門医を訪れるか『AGA』検査キットを利用し、『AGA』の遺伝子検査を行うと良いでしょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?