薄毛『AGA』の検査

『AGA』(男性型脱毛症)であるかどうかの判断は、自己チェックではなかなかハッキリとしたことは言えない場合が多いでしょう。
そのような場合には『AGA』検査を受けてみることをおすすめします。

 

『AGA』検査には、検査キットで診断する方法と病院で『AGA』検査を受ける方法があります。

 

『AGA』検査は、一般的に遺伝子検査と診察検査がありますが、遺伝子検査では遺伝的要素の有無を知ることができます。
『AGA』を発症しやすい遺伝子かどうかを検査し、『AGA』専門治療薬のフィナステリドが効く体質かの判断材料にもなります。
遺伝子検査は、『AGA』検査キットでも病院でも行うことができます。

 

病院での検査

病院では、遺伝子検査のほかに診察が行われます。
診察内容は病院によって異なり、専門医のほうがより詳しく調べることが可能となります。

 

 

病院で検査を受けた場合、遺伝子検査と診察を総合して診断されますので、『AGA』を発症しているか否かを正確に診断することができます。
また、診断すると同時に、治療方針を指し示し、治療薬の処方ですぐに治療が始まります。
頭皮の状態を見て診断してもらえるので、『AGA』以外のことが原因である場合の診断も可能です。

 

治療薬は個人で購入することも可能ですが、副作用などの知識がある医療機関での処方であれば、対応が可能であり安心ですね。
ただし、『AGA』の治療には保険が適用になりませんので、価格の確認が必要です。

 

『AGA』検査キットでの検査

遺伝子検査が出来る『AGA』キットで、自宅で『AGA』検査を行うことができます。
購入は、インターネットで簡単に発注し、商品が分からないように梱包されて郵送にて自宅に届きますので、気軽に行うことができます。
ただし、自宅で行う『AGA』検査キットでは『AGA』を発症しているかどうかの診断はできません。
『AGA』になりやすい体質かどうか診断と、『AGA』の治療薬フィナステリドが効く体質かどうか診断のみを行うことができるのです。
ただし、病院の検査よりも遥かに費用は安いので、内容を確認した上で使用する分には気軽に行うことができますね。
遺伝子検査は一生に一度だけ行えば良いので、必要であれば検査キットで知ることができます。

 

もしも治療を考えているのであればあ、検査キットなど使用せずに病院へ行くことをおすすめします。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?