薄毛『AGA』対策、5αリダクターゼを制御には?

薄毛『AGA』の原因は、テストステロンが5αリダクターゼという酵素の影響を受けてジヒドロテストステロン別名脱毛ホルモンに変化してしまうことにあります。
つまり薄毛『AGA』には、5αリダクターゼの制御が最も有効な対策であり、基本でもあるのです。

 

5αリダクターゼの制御には、残念ながら育毛剤やスカルプシャンプーなどでは効果はありません。
薄毛『AGA』には、通常の育毛剤やシャンプーに配合することができない専門治療薬が有効です。
また、治療を行いながら、生活習慣や食生活を見直し、十分な睡眠と休息を取り、過度なストレスを抱え込まない、もしくは上手に発散することが必要です。

 

5αリダクターゼを制御する栄養素には、亜鉛とノコギリヤシエキスがあります。
『AGA』発症前や初期段階であれば有効でしょう。
薄毛の原因が『AGA』の場合、これらの栄養素が不足すると5αリダクターゼは制御されずに分泌されるため、男性ホルモンのテストステロンが脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンにどんどん変化することになります。
つまり、薄毛を促す原因となってしまうのです。
特に亜鉛は男性に不足しがちな栄養素の1つです。
薄毛『AGA』の心配がある方は、積極的に摂ると良いでしょう。

 

また、食生活の乱れがある方は、ビタミンやミネラルなどバランス良く摂取するようにしてください。
治療の効果をより有効にするためには、栄養バランスも重要ですね。

 

既に発症している『AGA』の場合、専門治療薬が必要です。
現在、『AGA』治療に有効な薬は2つあり、ミノキシジルとフィナステリドという薬です。

 

『AGA』の治療には、この2つの薬が必要となりますので、それぞれの役割を知る必要があるでしょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?