病院でのAGA検査はどんなことをするの?

AGA治療を考えているのなら、AGA専門に取り扱っているクリニックを探すと効果的な治療を行うことができます。
専門的なクリニックの良いところは、原因をしっかりと追及して、その原因に合う治療を行える点です。
また、まだ薄毛の症状が現れていなくても、今後AGAの症状が出やすいかどうかを調べることも可能です。
家族性の薄毛に不安を持っている人たちに、予防の意味合いとしても利用されることがあります。
最近では皮膚科でも患者数の増加に伴い多くの症例を手がけているケースもありますので、経験の豊富な皮膚科を利用する場合にも適切な治療が受けられます。

 

AGAの検査を行うと、自分がどのくらいAGAになりやすいかのリスクを知ることができます。
AGAの主な原因が男性ホルモンであることは広く知られていますが、実際に症状を引き起こしているのは男性ホルモン受容体による作用です。
男性ホルモン受容体にこそ遺伝子に関わる要因があり、遺伝子のDNA配列に特徴がありますので検査を行えばすぐに分かります。

 

では実際にどのような方法で検査が行われるのかというと、ほほの粘膜を採取するのが一般的です。
中には髪の毛の根元を覆っている毛包の遺伝子を検査してくれるクリニックや皮膚科もあります。
結果が出れば、その詳細について医師が説明してくれますので、自分の薄毛の要因を知ったりAGAのリスクを把握することができます。

 

最近では自宅で行える検査キッドもあるようですが、やはり医師に診てもらうと安心します。
知識の豊富な施設なら、それまでに多くの患者を診てきていますので、的確な判断をしてくれます。
結果を参考にしながら、どのような治療薬を使えば脱毛を防ぐことができるのか、新たな髪の毛の生成を促せるのかを知ることができるのが最大のポイントです。

 

他にも、血液検査をすることで遺伝子のDNA塩基配列を調べることができます。
左右どちらかの腕から静脈血を採取するのですが、ほほの内側の粘膜や髪の毛の毛包から検査する場合と同じで、CAGとGGCの塩基配列の繰り返し数からリスク判断を行っています。

 

ある程度の状況を把握できたら、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する必要があるのかどうかが分かります。
検査を受けるとリスクの高さは確認できますが、それと実際の症状が現れるかは別問題ですので、結果は参考程度に留めておいて髪の毛に異変があれば早めに対策を行うことが大切です。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?