薄毛『AGA』の治療薬

薄毛『AGA』の原因は、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン別名脱毛ホルモンに変化するためです。
テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのは、毛根付近で分泌される5αリダクターゼが深く関わっています。
つまり、5αリダクターゼの分泌を抑えることで、『AGA』を予防したり治療することが可能だということです。

 

しかし、一般的な育毛剤やシャンプーなどでは5αリダクターゼの制御は不可能なため、専門治療薬が必要です。

 

現在、『AGA』の治療に有効な薬はミノキシジルとフィナステリドの2つだけです。
病院や発毛クリニックなどで処方される薬も、この2種類から両方またはどちらかが処方されます。
商品名が違う場合がありますが、成分は同じものです。

 

治療薬の効果
フィナステリド

5αリダクターゼを制御し、脱毛スイッチが入ることを阻止します。
これ以上薄毛を進行させない役割を持っています。

 

ミノキシジル

既に脱毛してしまった毛根の再生を促し、血行促進と血管拡張の効果があります。
薄くなってしまった部分の再生を期待して使用します。

 

ですから、症状によって効果を感じる薬は個人差があります。
Aさんがフィナステリドで効果があったからと言って、Bさんにも同様の効果があるとは言えない、ということですね。
いずれにしても発毛の実感を得るためには、両方の薬の併用が必要だと言えます。

 

フィナステリドだけの使用では薄毛の進行は止めるけれど発毛効果は低く、ミノキシジルだけの使用では発毛促進はされますが薄毛の進行を止めることはできません。
薄毛の方に必要なのは、発毛させることだけではなく、薄毛の進行を止めることだけでもありません。
その両方が揃って、初めて治療できると言えるのです。

 

薄毛を食い止め、新たに発毛させる、この2本立てで満足いく治療となる可能性がより高くなるのです。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?