薄毛『AGA』食生活の改善

『AGA』は専門医の診断と共に、専門治療薬を用いた治療をしなければ改善も進行を止めることもできません。
市販されている一般的な育毛剤やシャンプーでは、『AGA』による薄毛を改善することはできないのです。

 

そして更に、生活習慣の見直しをして頭皮や発毛に良い影響を与え、治療の効果を後押ししましょう。
何気なく行っている生活習慣の中には、毛髪・頭皮にとって良い習慣と悪い習慣があります。
つまり、毛髪・頭皮に良い習慣を取り入れ、悪い習慣を排他することで、身体の中から育毛を助けることが可能となります。

 

重要なのは、栄養バランスと血行促進ですね。
ここでは食生活を改善することの重要性についてお話ししましょう。

 

専門治療薬で5αリダクターゼを制御しても、毛髪自体が栄養不足では薄毛を改善することはできません。
栄養不足の毛髪は、『AGA』でなくとも薄毛・抜け毛の原因になります。
毛髪そのものが細く元気がなくなり、弱い毛髪は切れたり抜けたりすることが多くなります。
結果、薄毛に繋がってしまうのです。
栄養バランスが崩れたり食生活が乱れると、内臓の機能が低下し、栄養不足の毛髪を作ります。
育毛は、第一に栄養状態が良くなければ叶えられないということですね。

 

肝機能・消化器系などの機能の低下による栄養障害で起こる薄毛は、栄養バランスの取れた食生活を習慣にすることで改善が可能だと言えるでしょう。
ビタミン・ミネラル・タンパク質・アミノ酸など、バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。

 

専門治療薬を使用する一方で、栄養バランスを考えた食生活を習慣化することで、より効果的な治療を行うことができるでしょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?