薄毛『AGA』生活習慣の見直し

『AGA』は専門医の診断と共に、専門治療薬を用いた治療をしなければ予防・改善をすることはできません。
市販されている一般的な育毛剤やシャンプーでは、『AGA』による薄毛を改善することはできないのです。

 

そして更に、生活習慣の見直しをして頭皮や発毛に良い影響を与え、治療の効果を後押しするようにしましょう。
何気なく行っている生活習慣の中には、毛髪・頭皮にとって良い習慣と悪い習慣があります。
つまり、毛髪・頭皮に良い習慣を取り入れ、悪い習慣を排他することで、身体の中から育毛を助けることが可能となります。

 

重要なのは、栄養バランスと血行促進ですね。
ここでは血行を促進する生活習慣についてお話ししましょう。

 

育毛にとって血行促進が重要であることは、知られていますね。
第一に『AGA』による薄毛は、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンによって頭皮・毛根の血行が低下するために発症します。
つまり、日常的に血行促進を心がけることは、薄毛を食い止め改善することに非常に役に立つということですね。
血行促進は、毛髪や頭皮に栄養を運ぶ「血管」を充分に確保し、栄養を頭皮や毛根・毛髪へ届きやすくします。
さらに、頭皮マッサージやスカルプケア効果のシャンプーを使用し、頭皮に弾力と潤いを与えることで、より良い頭皮環境を作ることができるのです。
頭皮に潤いや弾力があるとフケや痒みなどのトラブルが少なく、頭皮の血行促進に繋がります。

 

では、頭皮環境を悪くする生活習慣にはどんなものがあるでしょう。

 

・喫煙習慣
・睡眠や休養不足
・過度のストレス
・眼精疲労
・運動不足
・過度の飲酒

 

これらの生活習慣は継続することで頭皮の血行を低下させ、栄養が行き届かない状態を作り、薄毛の原因となります。
頭皮や毛髪にとって良い生活習慣や食生活を継続する一方で、このようなことにも気を付けて生活し、薄毛の改善を後押しすることができるでしょう。

 

生活習慣を見直すことで『AGA』専門治療薬の効果を上げ、治療の妨げとなる要素を減らす効果があると言えるのではないでしょうか。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?