40代以降の女性の薄毛、気を付けられること

女性の薄毛には女性ホルモンが大きく関係しています。
ですから、更年期世代である40代以降の女性に薄毛の悩みが多くあるのです。

 

では、女性の薄毛ケアに必要な、日常の生活習慣について考えてみましょう。

 

 

1.十分な睡眠
睡眠は大切です。
その時間の長さも重要ですが、眠りの質やリズムはもっと大切です。
40代の女性にとって、女性ホルモンの減少や自分の健康、さらにお子さんやご主人など家庭のこと、仕事の悩み、親の介護など、考えなければいけないことは山ほどあるでしょう。
それがストレスとなり、十分な睡眠を取れないこともあるかもしれません。
そのようなときには、かかりつけの医院で相談して眠剤を処方してもらうと良いでしょう。
まずは眠りからです。

 

 

2.バランスの良い食事
人間の体は食べたもので構成されています。
もちろん、毛髪も例外ではありません。
毛髪の約95%はアミノ酸が結合したケラチンというタンパク質でできています。
タンパク質はもちろんのこと、ビタミンやミネラルは必須です。
1日3回の食事を腹八分目に、バランスよく摂るようにしましょう。

 

 

3.シャンプーの種類
現在お使いのシャンプーはご自身に合っていますか?
頭皮に合わないシャンプーは湿疹やかぶれの原因となり、頭皮の健康を損なう原因となってしまいます。
また、いまお使いのシャンプーは、お使いになり始めて何年目ですか?
若い頃と同じシャンプーで大丈夫ですか?
今一度、頭皮と毛髪の状態を見てみてください。
毎日使うシャンプーは、低刺激の毛髪と頭皮に優しいものをチョイスしましょう。

 

 

4.頭皮マッサージ
美容院ではよく頭皮のマッサージをしてもらいますね。
頭皮マッサージは血行を促進し、頭皮をみずみずしく保つことができるようになります。
毎日、シャンプーのあとに心地いいと感じる強さでマッサージをしてみましょう。
浴槽で温まりながら行うと、効果が高いでしょう。

 

また、育毛剤を使用するときには、長期での効果を見なくてはいけません。
短期間で結果がでることではありませんので、少し腹を据えて、半年以上の使用をしてみてください。
わずかにでも良い兆候が現れたら、それはその後の効果も期待できるでしょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?