40代以降の女性の薄毛

女性の薄毛は、気が付かないうちに進行していることが多いようです。
女性ホルモンのエストロゲンは、毛髪の育成を助け抜け毛を予防する働きがあります。
つまり、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少する更年期の時期である40代以降、女性の薄毛が一気に進行します。
女性ホルモンの特徴として非常に急激に減少していくため、薄毛もその時期に一気に進行するのです。

 

1本1本の毛髪が細く弱くなり、1つの毛穴から出る毛髪本数が減るなど、部分的ではなく全体的に薄毛になる傾向にあります。
こういった薄毛は「女性型脱毛症」「びまん性脱毛症」と呼ばれます。

 

さて、ご自身の頭頂部を見たことがありますか?
他人の頭頂部は見る機会があるでしょう。
しかし、自分であまり見ること機会がないのが頭頂部です。
女性の薄毛は、この頭頂部の症状が最も分かりやすいと言えるのです。
ご自身の頭頂部を合わせ鏡で見てみましょう。
また、携帯電話などで撮影してみるのも良いですね。
早めに気づくことで早い対応が可能になり、進行を食い止めることができるかもしれません。

 

40代女性の薄毛には、まずご自身ができることとして、生活習慣や食生活、ヘアケアの見直しが必要です。
長年、疑問にも思わずに続けられている習慣が、実は頭皮には良くなかったということもあるかもしれません。

 

・十分な睡眠
・バランスの取れた食生活
・ご自身に合ったシャンプー
・頭皮マッサージ

 

まずはここから着目してみましょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?