ストレスが薄毛を進行させる?!

ストレスは健康に重大な悪影響を与えると言われています。 体調を崩したり、自律神経を乱したり、持病がある方は悪化してしまうこともあります。 血圧や血糖値などにも影響し、ストレスが溜まった状態では数値の悪化が見られる傾向にあります。 ストレスが直接脱毛に直結することは考えにくいかもしれませんが、実際にストレスが原因で円形脱毛症になってしまう症例は多くあります。 そうです、ストレスは脱毛の原因となり得るのです。 健康な頭髪は健康な体があってこそ成り立ちます。 まして、薄毛で悩んでいる方にはストレスは天敵と言えるでしょう。 また、ストレスを減らすことで、5αリダクターゼが作用する遊離テストステロンが減るというデータもあります。 男性ホルモンのテストステロンは、5αリダクターゼの分泌によって脱毛ホルモンとも言われるジヒドロテストステロンに変化し、脱毛を促進する働きが生まれます。 つまり、ストレスを減らすことで、脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンを減らすことが可能だということです。 しかし実際のところ、現代のストレス社会において、ストレスフリーの生活が可能でしょうか。 残念ながら、それは無理だと言えますね。 ですからそこで大切なのが、上手なストレス発散と健やかな睡眠・休養、正しい食生活なのです。 精神的なストレスも肉体的なストレスも、身体をしっかり休めることで解消することが可能です。 質の良い眠りを1日に6〜8時間心がけ、栄養バランスに気を配った食事を1日3回腹八分目にいただくことが大切です。 さらに、ご自身がリフレッシュできる趣味や習慣を持つと良いですね。 ストレスフリーになるのは難しいかもしれませんが、溜めこまないことはできるのではないでしょうか。 ストレスを溜めこまないということは、ご自身を大切にするということです。 心がけて、ご自身を大切にしてくださいね。 >>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?