女性の『AGA』治療法は?

『AGA』は男性型脱毛症ではありますが、実は女性にも発症します。
女性にも少量ではありますが男性ホルモンの分泌がありますし、発症リスクの高い遺伝子を持っていれば可能性はあるということですね。
しかし女性ホルモンのエストロゲンには脱毛を抑える働きがあるため、ホルモンバランスが整っていれば発症する例はほとんどありません。
妊娠中や閉経後、女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、脱毛したり毛髪が細くなるなどの症状が出ることがあります。

 

女性の『AGA』は『FAGA』と言って区別をしています。
症状として、男性のようなO型脱毛やM字脱毛ではなく全体に薄毛になります。

 

・地肌が透けて見える。
・毛の1本1本が細くなる。
・髪のボリュームがなくなる。
・シャンプーのときの脱毛が気になる

 

上記のような悩みが多いようです。

 

では、治療方法は男性の『AGA』と同様なのでしょうか。
男性の場合、脱毛を抑制する働きのあるフィナステリドと、既に脱毛してしまった毛根を再生させて生やす働きがあるミノキシジルの併用で治療が進みます。
しかし実は、フィナステリドは未成年者と女性の使用は禁止されており、服用することができません。
専門医であれば、女性専用のプログラムを用意しているケースも見られますね。
主にミノキシジルの服用を中心とした治療となるケースが多いようですが、薄毛の程度や年齢など個人差によって治療方法に違いが見られます。

 

女性の薄毛の場合、精神的なショックも大きく内向的になってしまうケースも非常に多くあります。
病院での治療、ウィッグの使用など、いくつかの方法がありますので、是非ケアすることを検討しましょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?