薄毛『AGA』と男性ホルモンの関係

『AGA』(男性型脱毛症)の治療が病院でできるようになり、多くの患者さんがフサフサの毛髪を甦らせています。
『AGA』の原因として、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼの分泌によって、ジヒドロテストステロンに変化することで毛髪が抜けるということが分かっています。

 

テストステロンは、男性の場合は睾丸と副腎から、女性は卵巣と副腎から分泌されています。
薄毛に直接関係するジヒドロテストステロンは、テストステロンが変化したものだということは先ほども述べましたね。
では、テストステロンを減らしてジヒドロテストステロンへの変化を防ぐことで、薄毛を予防することはできるのでしょうか。
理屈ではそうでしょう。
元の物質がなければ、変化して生まれる物質は有り得ません。
しかし、それは絶対にしてはいけないことなのです。

 

なぜなら、テストステロンにも体内での役目があるからです。
テストステロンの役目として、体毛を生やす、睾丸や陰茎の発達、筋肉増量や骨格形成、性欲の発現、精子生成など、男性機能の発達や維持など重要な役目を担っているのです。
現在、医学の進歩により、女性ホルモンの投与などで男性ホルモンの量を減らす薬がありますが、それらは性同一性障害の方のための薬剤です。
男性として生きていく方にとって、テストステロンを減らすことは本意じゃない結果を生む可能性がありますので、絶対にやめましょう。
乳房の発達や性欲の減退などが現れます。

 

また、テストステロン自体は薄毛を誘発するということはありませんので、安心してください。
要は、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することで脱毛作用が現れるので、テストステロン自体を減らす必要はないということです。

 

『AGA』(男性型脱毛症)の対策としては、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる5αリダクターゼの分泌を抑制することが有効ですね。

 

薄毛が改善しても体が健全でなくなってしまうのであれば、本末転倒です。
正しい知識を持って、治療に臨んでくださいね。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?