薄毛とタバコの関係

禁煙!禁煙!と叫ばれる昨今、喫煙者には肩身の狭い世の中になってしまいましたね。
ここでは薄毛とタバコの関係について考えてみましょう。

 

もちろん、喫煙者の中にも毛髪がフサフサの方はたくさんいらっしゃいます。
つまり、タバコ=薄毛 というわけではないということです。

 

しかし健康を害し、発がんリスクを上げ、粘膜を痛め、歯周病を招き、肺や呼吸器に悪い影響を与え、皮膚を劣化させ・・・・、と挙げたらキリがないほどのリスクがあるタバコが、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼさないわけがありません。
薄毛の不安や心配がある方にとっては、薄毛を進める要因に十分になり得ます。

 

髪の毛はタンパク質で生成され、コラーゲンが毛髪を丈夫に健康に保ちます。
またビタミンCは絶対に必要な栄養素のひとつで、頭皮を健やかに保つために欠かせません。

 

しかしニコチンやタールはこれらの大切な栄養素を不足させ、さらに慢性的な酸欠状態にしてしまいます。
頭皮の血流は悪くなり、冷えて硬くなり、毛髪まで届けたい血液は不足してしまいます。

 

禁煙したからと言って、すぐに薄毛の進行を食い止めるほどの大きな効果を早急に期待することはできませんが、明らかに喫煙者と非喫煙者では薄毛の進行が異なります。

 

健康の促進と同時に薄毛を改善させることができるのであれば、禁煙も悪くないな、と思いませんか。
喫煙は、一見ストレス発散のように感じている方も多いようですが、実は全くの真逆です。
喫煙はストレスの原因となっているのです。
その証拠に、吸えない時間が続くとイライラが募るでしょう。
これは喫煙者の脳内にできたニコチン受容体がニコチンを欲している状態です。
吸うことでスッキリする、これをストレス発散と感じている方が多いようですが、それこそがストレスです。
考えてみてください、非喫煙者はそんなイライラを感じることはないのです。
禁煙することで、そのイライラから解放されますよ。

 

是非、前向きに検討してみてくださいね。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?