薄毛と飲酒の関係

薄毛の原因には様々ありますが、ここでは薄毛と飲酒の関係について考えてみましょう。

 

お酒を飲むことで薄毛を進める。
もしそうであれば、もっと男女比が少ないはずですね。

 

しかし全く無関係とも言い難いところがあります。

 

適度な飲酒は健康促進に繋がるけれど、飲み過ぎや休肝日のない飲み方は健康を損ねる要因となります。
毛髪や頭皮にとっても同様のことが言えるでしょう。

 

適度な栄養を必要とし、健やかな血の巡り、保湿、適切な体温が毛髪や頭皮にとって必要な環境です。
過度の飲酒や連日の飲酒は、その環境を失う原因となってしまうのです。

 

その理由として、アルコールの分解には、毛髪の合成に必要なアミノ酸を消費することが挙げられます。
アルコールの分解が優先され、アミノ酸が使い果たされると、育毛に必要なアミノ酸が不足しますね。
これでは健康な頭皮も毛髪も望めません。

 

また、過度の飲酒は肝臓に負担をかけ、様々な病気を引き起こす原因にもなってしまいます。
体への負担が大きく、血液の質を低下させることは、そのまま毛髪への悪い影響に繋がります。
毛髪や頭皮の健康は、身体の健康と密接に繋がっておりますので、飲酒の量には十分気を付けましょう。
週に1度は休肝日を設けて、健康で良い効果のある飲酒の仕方が理想的ですね。

 

適度な飲酒は『百薬の長』とも言われています。
せっかく身体に良いものを、悪影響を及ぼすまで溺れてしまってはもったいないですよ。

 

気になる薄毛の改善のためにも、適量で適度な飲酒を心がけましょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?