薄毛と睡眠の大切さ

睡眠は、健康状態を保つためにとても重要な要素となります。
同様に、休息を取ることやストレスを発散することも大切ですね。
健康を保つことは、そのまま頭皮や毛髪の健康にも繋がります。

 

しかし現在、正しい睡眠をとることができる状況にある方が少ないことに驚きます。
仕事の忙しさや通勤時間の長さで帰宅が遅い方、精神的なことが理由で健全な眠りがとれない方、身体的な理由で眠りが浅い方など。
理由は様々ですが、睡眠不足の方が多くいらっしゃいます。

 

理想的な睡眠時間は8時間です。
6〜8時間眠れていれば、良しとしましょう。

 

睡眠不足を補うように、週に1回寝溜めをするという方もいるかもしれませんが、それは間違っています。
睡眠は毎日しっかりとることが大切です。

 

眠りは、副交感神経を働かせて成長ホルモンを分泌させます。
人は夜には眠って、日が昇れば起きるというサイクルが自然な生き物です。
しかし最近、日が昇る頃眠って、すっかりお日様がてっぺんに昇る頃に目覚めるという方も珍しくないようです。
これは、人間の生きるリズムに反しています。
眠る時間ももちろん大切ですが、体内時計に影響する眠りのリズムはもっと重要です。
遅くとも日付が変わる前には眠りに就き、6〜8時間の睡眠で目覚めるというのが理想です。

 

なかなか理想的な眠りをとることはできないかもしれません。
しかし心がけることで生活は変わっていくでしょう。
可能であれば、午後ほんの20〜30分、午睡をとることをおすすめします。

 

健やかな睡眠は健全な細胞を育てて、頭皮の状態を整えて毛髪の育成に必ず良い影響を与えます。
睡眠不足やリズムの狂いは、薄毛の原因となります。

 

薄毛で悩んでいるなら、まずは睡眠習慣を改善してみましょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?