薄毛と頭皮のタイプ

薄毛の原因は一つではありません。
いくつかの要因が合わさって、抜け毛や薄毛の原因となっているのです。

 

男性型脱毛症の『AGA』、不規則な生活、休養・睡眠不足、食生活の乱れ、紫外線や間違ったヘアケア、過度のストレス、喫煙や過度のアルコール摂取などなど、その原因は日常の中にある場合も多いのです。

 

また、頭皮の環境が良くなければ、やはり薄毛の原因となります。

 

主に抜け毛・薄毛の原因となる頭皮のタイプとして、『ギトギト地肌』と『冷え冷え地肌』があります。
必要以上に皮脂が出ている『ギトギト地肌』は、毛穴が塞がれて炎症を起こした状態が常時続いています。
そのため毛髪の成長が妨げられ、薄毛・抜け毛の原因となっています。
また、血行不良の『冷え冷え地肌』では、栄養が行き渡らず薄毛・抜け毛の原因となります。

 

『ギトギト地肌』の方に多く見られる生活習慣

・脂っこい食事を好む
・日傘や帽子を使用しない
・夕方になると毛髪がベタつく

 

脂っこいものや甘いものの摂り過ぎで、皮脂量が増えてしまいます。
控えるように心がけましょう。
さらに、頭皮の皮脂が紫外線を浴びることで過酸化脂質に変化し、毛穴を塞ぐようにこびり付き、毛髪の成長の妨げになります。
日傘や帽子を使用しましょう。

 

『冷え冷え地肌』の方に多く見られる生活習慣

・冷え性である
・歯ぎしりをする
・毛髪のパサつきがある

 

長時間冷房の中で過ごすと、身体の芯まで冷え切ってしまいます。
それは頭皮も同様です。
身体の末端から冷えが進むため、頭皮の血行はあっという間に悪くなってしまいます。
冷やさない工夫が必要ですね。
また、歯の噛み合わせが悪かったり、歯ぎしりをすることは、頭頂部への血流が低下してしまいます。
歯の不調がある方は、治療をおすすめします。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?