薄毛と年齢の関係

「まだ若いから薄毛の心配はない」考えるまでもなく、年齢の若い方に薄毛の心配をしている人は少ないのではないでしょうか。
実際に、薄毛の心配や不安を抱え始めるのは、何かしらの兆候が見えてきてからと言う方が多いようです。

 

確かに薄毛の原因のひとつに加齢があります。
年齢を重ねることで体中のあらゆる細胞が衰えてきます。
毛髪や頭皮も例外ではないということですね。

 

加齢による薄毛は、『AGA』(男性ホルモンの感受性)とは別の原因です。
『AGA』の場合には、20代30代など若い年齢層で薄毛が始まる方も多くいます。

 

最近は若い方の薄毛が増えてきていると言われていますが、果たしてそうでしょうか。

 

ここに薄毛を発症している年齢の割合があります。
・20代・・・・約6%
・30代・・・・約12%
・40代・・・・約32%
・50代・・・・約44%
・60代・・・・約51%
・70代・・・・約61%

 

全体の平均で、32%という結果が出ていますね。

 

実はこの数値、数十年大きな変化がありません。

 

確かに昔に比べて薄毛を促進させる要因は多くなっている現代。
添加物や保存料などを含む食品が多く、ファストフード・インスタント食品・冷凍食品・レトルト食品などの利用が増え、過度のストレスを抱える方が多く、慢性的な運動不足やPC・スマホなどのブルーライトの影響など、その要因は簡単に挙げられますね。

 

しかし、ここ数十年、薄毛発症の年齢に差ほど変化がないということは、それらが大きく関わって薄毛の原因となっているということは考えにくいということなのでしょうか。
言い換えれば、これらの要因がなくなれば、薄毛の発症は少なくなるのかもしれませんね。
栄養状態が安定し、衛生的にも昔に比べたら良くなっている昨今、薄毛の対策がしやすいと言えるのではないでしょうか。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?