薄毛と冷え性の関係

ここ数年、低体温の方が増えています。
原因は食生活の乱れや生活習慣にあると言われています。

 

「低体温でも不便はない」と思っている方も多いようですが、実際にはどうでしょう。

 

人間の体の中でが絶えずがん細胞が生まれています。
生まれたがん細胞が育たずに消滅するのは、人間の免疫力の為せる業というわけです。
正常な免疫力は低体温の状況では発揮されず、がん細胞にとっては35度の体温が育っていくのにちょうどいいと言われています。

 

また、身体を冷やすということは、血流を悪くします。
血液は様々なものを全身に運ぶ働きがありますので、十分な酸素を必要とする脳は働きを鈍くしますし、内臓の働きをも鈍くしたり痔疾患を患う、粘膜を弱くし筋力を発揮できないなどの状態を生みます。

 

頭皮に関しても同様のことが言えます。
冷えによって全身状態が良くないにも関わらず、頭皮や毛髪だけは元気です!などということはありません。
血流を良くし余分な脂の分泌を抑えるためにも、ある程度の体温は必要ですし、身体を冷やすような習慣はいただけません。

 

例えば、朝ごはんを冷たいジュースやコーヒーなどで済ませてしまったり、おしゃれのために足元や首を冷やすなど、気を付ければ改善できることはたくさんあります。
ほかにも入浴の際、浴槽に浸からずにシャワーだけで済ませてしまったり、ダイエットのために食事量を極端に減らすなど、こういったことは要注意です。

 

また、冷えは細胞の働きを弱めて、新陳代謝を鈍らせてしまいます。
どうでしょうか、薄毛とは関係ないとは言えませんよね。

 

これは寒い時期だけに限らず、真夏の暑い日であっても、必要以上に体を冷やすことはやめましょう。
氷やアイスの食べ過ぎ、設定温度を必要以上に下げたシャワーなど、一瞬は心地いいかもしれませんが、確実に身体の不調に繋がり、薄毛を進める可能性があると言えますね。

 

もちろん、冷え性が薄毛に直結するわけではありません。
しかし、生やそうという努力や、抜けないようにという注意が、身体を冷やすことで台無しになるとしたら、それは不本意ではないでしょうか。

 

身体を冷やす生活習慣を見直して、温めて血流を促進する生活習慣を身に着けましょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?