薄毛をカッコよく見せるコツ

薄毛であることは、日本ではマイナスイメージとなっている傾向にありますね。
本人も気にすることが多いでしょうし、正直なところ周りも茶化せる薄毛の人と気を遣う薄毛の人がいるのではないでしょうか。

 

しかし、薄毛であることがイコールカッコ悪いということではありません。
日本の俳優さんでは、西村雅彦さんや渡辺謙さん、竹中直人さんなど、薄毛であることが逆にカッコいい方もたくさんいらっしゃいます。
海外の俳優さんでは、ニコラス・ケイジやブルース・ウィルス、パトリック・スチュワート、年代が少し上になりますがショーン・コネリーなど、非常にカッコいいですね。

 

どうでしょうか、薄毛がマイナスイメージである時代は終わったと言えるのではないでしょうか。

 

ひとつに、薄毛であることを隠さないこと。
毛髪を長くして薄くなっている個所を隠す時代がありましたが、いまはむしろ薄毛の部分を堂々と出した上でヘアスタイルを構成することがオシャレですね。
広くなった額がとても魅力的だったり、全体にベリーショートで形を作るとすっきりとした男らしさを演出することができるでしょう。

 

また、とても大切なポイントとして、清潔感ではないでしょうか。
薄毛がカッコイイ俳優さんは、みなさん共通して清潔感がありますね。
抜けることを恐れてシャンプーを怠るより、1日1度のシャンプーで清潔感を保つことが重要ですね。

 

薄毛をコンプレックスに感じてしまう時代は、もうお終いにしましょう。
清潔感のある短髪で、自信を持って堂々とカッコよくいきましょう!

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?