AGAの検査方法は?

男女を問わず薄毛の悩みを抱えている日本人は、すでに1000万人を超えていると考えられています。
こうした薄毛患者の中には日常生活のストレスや疲れのみならず、遺伝的な要因によって薄毛を発祥させてしまうケースも珍しくありません。
実際に、頭皮の状況をチェックする専門的な医療機関の調査では、先天的なAGAを発祥させている人の約3割近くが、将来的にAGAを発症させるリスクが存在するということが分かっています。
既にAGAを発祥させている人を含めると薄毛患者の約半数以上がAGA患者であるという数値もあるくらいなので、特にこの症状は患者を悩ませている大きな原因になっていると言えます。
ただ、こうした薄毛の症状は、薄毛に悩んでいる人からすると自分がどの薄毛に分類されているのかを自覚しづらい現状にあるという事実もあります。
現実的に、本人がAGAと自覚して病院に行くことは珍しく、ほとんどは手遅れの状態になってから病院に駆けつけることも珍しくありません。
こうした状況を改善するためには、まず自身の頭皮の状況がどのような薄毛の症状によって悩まされているのかを特定する必要があります。
こうした調査を行うのに最も適しているのが、遺伝子調査をすることです。
遺伝子を調べると、将来的に発生する可能性がある薄毛の症状を特定することができますので、遺伝子を調べることによってそのデータを事前に解析し、薄毛の治療に役立てることができます。
実際に、AGAに関しては遺伝子ラベルで発症傾向が存在するということが分かっていますので、実はそれを検査するための遺伝子キットが存在します。
これを利用すれば、自宅に居ながらであっても頭皮の状況を把握できるため、すぐにでも治療に行くことができるでしょう。
そもそも、AGAというのはどのような原因で発症してしまう薄毛なのでしょうか。
AGAは、医学的には男性型脱毛症という男性ホルモンのテストステロンが原因となって発症する病気です。
テストステロンそのものに関しては、肉体の成長を促す良いホルモンであるため、これを放置しておいても悪い影響は生じません。
しかし、テストステロンは還元酵素の働きによって悪性のホルモンに変化してしまう性質があります。
これをDHTと言い、DHTが発生すると毛乳頭細胞に悪いダメージを与えてしまうことになり、本来ならば正常に働いている髪の毛の成長を抑制してしまうようになってしまうわけです。

髪の毛は、毛乳頭に存在する毛母細胞と呼ばれる細胞の影響によって健康的に成長しますので、毛乳頭が破壊されてしまうと、どんどん髪の毛の成長は悪くなってしまいます。
検査キットを利用して調べるときには、この毛乳頭細胞の働きと還元酵素の働きの双方を比較することによって、AGAを発症しているかどうかを確認することになります。
還元酵素と毛乳頭細胞に通常とは異なる何らかの異変が生じていた場合には、それが数値となって現れます。
この場合には、AGA專門の病院で検査をしてもらわなくても、数値だけで状況を判断することができるため、AGA專門の病院に行って詳しく検査をしてもらう必要性はありません。
状況が分かってAGA治療を進めていくときに、AGAの病院に行くと良いでしょう。
AGA治療は、主に皮膚科などの専門的なところに行けば頭皮の状況を見てもらうことが可能です。
AGAドッグのような専門的な場所であることが好ましいですが、皮膚科に行けば頭皮の状況を把握してもらうことが可能であるため、事前に検査キットで状況を把握しているのならばそれも報告すると分かりやすいです。
実際に頭皮の状況が良くないと判断されたときには、治療薬を処方してもらうことができますのでそれを使うと頭皮の状況を改善できます。
一般的なストレスや仕事に関しては薄毛の治療は未だに確立しているとは言えない状況ですが、AGAに関しては全く状況が違います。
AGAは、他の薄毛と異なって確立された治療が既に医学的にも存在しますので、AGAのクリニックで治療薬を貰って服用すれば、高い確率で頭皮の状況を改善することができるでしょう。
ただ、もらった薬に関しては中途で使用を止めるのではなく、継続的に半年から1年間は服用し続けなくてはいけません。
これは、中途で服用を止めてしまうと治療の効果が出る前に終わってしまうことになるからです。
一般的に、クリニックでもらうことができる治療薬は、脱毛症を食い止めるためのモノであるため、中途で止めてしまうと再び脱毛作用を発生させて薄毛が進行してしまいます。
そうならないようにするためには、継続的に服用して医師と相談し通津経過観察をしなくてはいけません。
仮に、治療薬を利用するほど症状が進行していないことが分かった場合には、AGA治療に有効な市販でも購入可能な発毛剤や育毛剤を利用して、頭皮の状況を改善していくことも可能でしょう。

 

>>AGA検査を皮膚科でしてはいけない理由とは?